ロゴ

合宿で行う自動車学校の一日の流れとは?休日もきちんとある

HOME>イチオシ情報>意外と知られていない!?自動車学校の合宿免許の流れ

オフシーズン入校でお得に免許取得!

合宿免許は、泊まり込むというその性質上まとまった時間がなければ出来ません。なので学生が休みである1月から3月や、8月は参加者が多いです。逆にその他のオフシーズンは、人気がないため費用も下がり、よりお得に教習が受けられます。

ATとMTの違いについて

クラッチがない

ATとはオートマチックの略で、クラッチペダルやギアのない車を指します。オートマチックではこうした動作を人がやるのではなく、自動でやってくれます。

操作が多い

MTとはマニュアルの略で、人間がクラッチペダルやギアを操作するタイプです。これらは動力の調節を行うためにあり、人がやることでより快適な走りを実現できます。

意外と知られていない!?自動車学校の合宿免許の流れ

車

合宿免許の一日の流れ

合宿免許では、基本的に朝から夜まで免許教習の授業を受けることになります。朝起床したら、朝ごはんを食べて教習に向かい、その後も昼ごはん以外は教習です。しかし例外的にオフ日を取ることができ、オフ日は教習を受けません。そうして一日暇になったところで、生徒は自由に観光などを楽しむことができます。これは合宿ならではの魅力です。

初心者マーク

まずは交通ルールを学ぶ

教習で実際に車を運転する前に、まずは知識の学習を行います。道路標識を始め、細かい交通ルールや運転の仕方などを学習する期間一週間弱あります。それを受けたあとは、ペーパーテストを受けてしっかりと理解出来ているかを確認し、合格すれば実技に進むことができます。逆に合格しなければ実技に進めないので、真面目に取り組みましょう。

ウーマン

教習車で実際に運転してみよう

ペーパーテストに合格すれば、次は実際に車に乗った練習です。最初は教習所内のコースで運転の練習を行い、仮免許を取得します。仮免許を取得すると、公道で走れるようになるので、より高度な実地訓練を行います。最後に、運転能力を確認するテストを行い、それに合格すれば合宿免許を卒業です。卒業までの期間は目安として2週間です。

自動車学校で取得できる人気免許ランキング

教習所
no.1

普通免許が一般的

一番受けられている教習は、普通免許教習です。これを取れば、軽自動車や普通自動車を運転出来るので、普通の人はこれで十分です。

no.2

大型車に乗りたいなら

大型車に乗るなら、普通免許ではなく大型免許が必要になります。大型免許を取ると、大型車も普通車も運転できるようになるので、汎用性は高いです。

no.3

工事現場で使える

特殊免許は、ショベルカーやブルドーザーといった特殊車両を運転するのに必要な免許です。工事現場で活躍するので、その職種の人は大抵とる免許です。

no.4

二種免許を取ると

二種免許とは、旅客を乗せる業種に就くために必須となる免許です。二種免許を取ると、タクシーの運転士になることが出来ます。

no.5

バスの運転手になるには

バスを運転するには、大型二種免許という免許を取らなければなりません。この免許はほぼバス用の免許と言ってもよいでしょう。